まずはじめに

ランゲージを変更するには、フラグをクリックして ↑ To change langage, click on the flag  

Pour changer de langue, cliquer sur le drapeau ↑ Para cambiar el idioma, haga clic en la bandera 

エマニュエル ヴァレット – 松村(レイヤ)は、フランスで生まれた振付家アーティストエネルギー療法士です。彼女のアプローチは、あらゆる形態で生命の動きを表現し、環境と相互作用する宇宙に統合された身体の5つの要素を調和させることです。彼女は、見えないものと敏感なものの表現を模索し、感覚の動員、感情の超越、 それは様々なメディアを使って(動き、感覚、画像、絵画、写真、素材、思い出、声、音、詩的な執筆)。それは時代を超越した空間を探求し、自然とその機能を取り入れ、相互作用と相互関係を観察し、そしてそれは、それが俳優や証人であることがどのようなものであり、そしてそれが自分自身と空間の中で変容するのかということを疑問に思います。彼女は東京の実験シーンで定期的に演奏しています、彼女のグループ「オーガニックダンストライブ」との祭りでは、そしてアーティストの集団(火、舞踏、ミュージシャン、書家、サーカスなど)とコラボレーションします。

彼女は会社「音観ナマステ」を指揮し、ダンスワークショップ、瞑想、そして音の旅だけでなく、エネルギー療法、自己啓発支援も提供しています。(Otomi Namaste)

2019年4月27日にモンペリエで行われたMPTジョージサンドで、ダンスショー「Après l’orage – 嵐の後」の15時にフランスで彼女が演奏するのを見ることができます。 Marie Sauratの芸術的コンセプト。その後、実験音楽バンド「Takkiduda」と松村直志A.K.A Naosisoanと共にフランス(ヨーロッパ)をツアーする。彼女のプロジェクト「Terre de Demain-明日の地球」の一環として、プライベートエネルギー療法、瞑想と音の旅、ダンス(瞑想または恍惚の)ワークショップも提供します。

お問い合わせ:otominamaste@gmail.com


彼女が提供することができ、知識を共有することができる人生を探求するために過活動的で熱狂的な人格のために、彼女のキャリアは多くの旅行の経験から非常に折衷的で豊かな経験でした。

芸術的には、伝統と現代の芸術の境界線にある幅広いメディアとスタイルに取り組んでいます。 内部と外部の刺激から来る感覚とイメージに基づく創造の直感的で有機的な形態です:音、視覚、文脈の環境。


コラボレーション

2003年より、ストリート・パフォーマンス、伝統的なダンス、キャバレーなど様々なイベントで幅広いアーティスト(ミュージシャン、歌手、ビジュアル・アーティスト、ファイアー・アーティスト)とコラボレーションしてきました。

彼女は、メディアと様々な芸術とスタイルが、動き、声、絵画、彫刻、写真、レトロプロジェクション、ビデオ、音楽などの相互作用をするインスタントクリエイションの形で現代アートプロジェクトに参加しています。 特に、カザン・オフィス(東京のプロダクション・ボックス)、東京のラクドア・ギャラリー(詩、舞踊、書道、シュウゲン、尺八)、フランスのバロック・プロジェクト 秩父の山々(マスク、即興、健全な絵画、声)の「家」。彼のインスピレーションは、30カ国以上の異なる人口を持つ彼の “遊牧民”生活経験に根ざしています。 しかし、ヨーロッパの20世紀の初めに生まれた芸術的かつ文学的な前衛的なダダイストとシュルレアリスム運動、18世紀のオリエンタル主義、20世紀の実存主義的哲学運動、アクロバットとサーカス、理想主義、文化 古代と原住民、シャーマニズムとスピリチュアリティ、現代世界の美しさと不条理、その光と影…

遊牧民

彼のインスピレーションは、30カ国以上の国々での彼の「遊牧民」の人生経験に根ざしています。ヨーロッパでも20世紀初頭に生まれた芸術的で文学的な前衛的なダダイストとシュールな運動、18世紀のオリエンタリズム、20世紀の実存主義的哲学的運動、アクロバットとサーカス、理想主義、文化古代と先住民、シャーマニズムと霊性、舞踏によって、そしてその美しさと不条理、その光と影を伴う現代の世界によって…

振付家

彼女は、2010年に創設したYalisaï協会の芸術監督として、文化的および社会的プロジェクトのために、アマチュアや準専門家との数多くの公演を振り付けました。芸術的で創造的な分野を通じた個人的な成長。

エコロジーへの取り組み

彼の作品は、環境と生態系の保護、そして違いと自由の尊重に対する政治的なコミットメントを持っています。

自然の中での代替のライフスタイルと彼女の個人的な興味:ピッキング、パーマカルチャー、セーヌと推理食品、代替教育システム、化粧品とホームケア製品、加工/リサイクル… 「明日の陸上作戦」と呼んで私たち全員を守ります。

ビジュアルアーティストとヒーリングアート

2006年から2013年まで、数々のシューティング、写真撮影、イベント、演劇、オペレッタ、ボディーペインティング、彫刻家のアシスタント、ユートピスト祭りのリヨン照明アシスタントのアシスタントであった セレスティン…また、メーキャップや香水に特化した香水専門の美容リーダーです。 2003年から2009年にかけて、スタジオや自然の中で多くのファッションフォトグラファーと共同作業を行い、芸術的な写真の魅力を発達させ、絵画、絵画のような創造的なツールとして使用しています。

彼女の絵画や写真は、2018年10月に山梨県上野原市で展示されました。

彼の詩は、2018年にEric Blanc写真の本「Tokyo Ville inspirée」に掲載されました。

文化イベント

彼女はまた、バレエ、現代のダンスショーケース、舞踏パフォーマンス、演劇、オペラ、絵画展など、フランス、オーストラリア、日本のアーティストの友人たちのための舞台裏や文化イベントの制作にも携わってきました。 読書(詩と音楽)、トレードショー…

ダンス先生

2005年から2015年まで毎週のコースとインターンシップでダンスを教え、フランスや世界を越えて、エネルギーケア、ボディケア、個人的な開発のためのさまざまなテクニックを学び、統合しました。 ケアと芸術を通しての幸福に特に関連した活動に向けて。

芸術と療法

2018年1月、彼女は自分の会社 “Otomi Namaste”を創設しました。それは、健康と個人的、そして精神的な発展に関連して、心と体のケアの中心とイベントの主催者です。現代美術療法。

彼女は並行して創作、ダンス、展覧会や芸術的プロジェクトへの参加を続けています。

「Otomi Namaste」療法があなたに提供します:

  • 完全なエネルギーケア(様々な技術)
  • キネシオロジー(感情的および身体的ストレスの解放、筋肉の記憶の清掃、再プログラミング、後遺症、年齢の後退、フローラルエッセンスなど)
  • オーガニックダンスのプライベートセッション(運動によるエネルギーの運動のバランスを取り戻す)
  • マッサージ(タイ、指圧、カリフォルニア、衣類のソフトハンドリング)
  • リラクゼーションセッション/催眠術と音によるケア
  • 臼井レイキ調教、チベット語、カルナ:1、2、3、師匠
  • 音響療法(音叉、クリスタルボウル)
  • 居住空間のエネルギー清掃

“Otomi Namaste” イヴェントがグループワークショップを開催します:

ナオシ、アーティスト作曲家、DJ、ソノセラピストとのコラボレーションによるワークショップ。

  • ダンスキネシオロジー(オーガニックダンス)
  • 催眠療法音の旅(瞑想サウンドトリートメント)
  • 瞑想ダンス(スーフィー、舞踏、恍惚ダンス)
  • コンサート振動療法
  • ライブランゲージアートワークショップ、子供向け

これらのワークショップやセッションは日本で開催されていますが、リクエストに応じて旅行することもできます。

 

上記のサイトメニューのセクション「ケア」とセクション「ワークショップ」を参照してください。



12794964_975377049207933_128334958405016964_o12764672_975377059207932_5255981294482526772_o“文化、国、芸術、人間、生き物の間に橋を作りましょう時間と空間、古いものと新しいものの旅を続けましょう…別の世界のために、そして 土地とその民のために必要な未来」


11016072_781680765244230_3693489933692834002_n