暗黒舞踊

定義

舞踏は、土方辰巳の指示の下で第二次世界大戦後に発達した日本で生まれた表現の一種です。この動きは、20代から30代の前衛的なヨーロッパの動きに大きく影響され、演劇、ダンス、パントマイム、声、パフォーマンス、造形芸術など、さまざまな形のアーティストを組み合わせています。

この作業は、身体的感覚、イメージ、そして動きからの動きを探すために行われます。

ワークショップのプロガム

  • ウォーミングアプ
  • 宇宙との出会い
  • 体との出会い
  • 植物、動物、体格、感覚、音、想像力に取り組む
  • 共有サークル

目標

存在の奥深くを旅するには
宇宙の心とのつながり、
地球のために集団ダンスを作ります。

ツール

禅の哲学と詩
ライブや声で生まれる音環境
舞踏の表現的アプローチ

舞踏リサーチ

2015年末には、20世紀初頭の日本の前衛的な芸術を研究することを目標として、日本に来ました。 東京の慶應義塾大学土方巽アーカイブの取締役の温かいご歓迎と親切のおかげで、私は1年間私の研究をすることができました。

舞踏とも呼ばれる舞踏は、定義で囲むことができない複雑な規律です。

それは何よりも経験です。 私がここで使うことができる言葉は、腐敗自体の実験に値するものです。 しかし、私はこの規律と私の経験を分かち合うためにここに挑戦します。それはみんなにとって違うようです。 今日はダンサーと同じくらい多くの定義がありますが、心と基礎は世界的に同じです。

の革新的な動きは、虹塚巽によって設立され、大野一雄の緊密な協力の恩恵を受けました。 日本の1960年代の社会政治的状況の成果であったが、1920年代と1950年代のヨーロッパの前衛的な動きによって強く育まれた。 ヒジカタタツミは、ダダズム運動にむしろ投資されており、彼の作品は20世紀初頭のこの偉大な芸術的運動の論理的な連続に到着しました。

舞踏、演劇、芸術、文学など様々な芸術が混ざり合っていることが多く、闇の踊りと言われています。 神道や仏教などさまざまな信念の跡があります。

この規律は、とりわけ私たちが宇宙とのつながりを探求し、世界と宇宙とを一つにしようとする、自我のない体の経験です。 それは、時には非人間化のための検索であり、全体として感情や身体感覚、画像、動きから、要素の1つだけを使用することなく進化する。 しかし、私はそれが人生の哲学であるとも言います。

 

Butoの私の話:

私は舞踏を見なかった、それは私を見つけるために来た舞踏家だった。 私が彼に会ったとき、私はすでに彼を知っていたかのようでした。 私は非常に若い時からシュルレアリスムとダダイス宇宙に敏感です。 確かに、私の母親、私の小さな子供のまだ画家は、非常に迅速にこの豊かな芸術と文学の動きに存在する概念に私を紹介しました。 後者はいつも私にとって創造的なインスピレーションの大きな源泉でした。 シュールレアリスムに近づいたり、遠くに触れたものはすべて私にやって来た。舞踏は実際に土方巽から繋がっている。

私の研究の現状では、舞踏を人生の哲学と見なしたいと思います。大野義人、中島夏、有理制作と一緒に実験したり、土方巽慶應義塾大学の資料室で研究したりします。 ダンスや演劇、テクニックだけではないことは明らかです。 それはダイビングする世界です。 土方巽については、それは何よりも当初は定義されていなかった実験でした。 三国幸雄の小説に基づいて1959年にさかのぼる欽定抄の演奏に続いて、後になって暗黒の踊りとなった。 大野義人にとって、より良い世界のためには、「伊奈」という祈りです。 彼は1969年から1986年までの長期間の休息の後に自分自身をブトに捧げるという彼の決断について語った。彼の家族との儀式で象徴的に頭蓋骨を削った。 規律以上に、舞踏は彼の人生の不可欠な部分です。

ある日、私はインタビューの後、大野義人に尋ねました。「義人先生、あなたのために、舞は何ですか?」 (私の研究にもかかわらず、それを説明する方法があるにもかかわらず、尋ねられたときに私はまだ疑問に思う)。 そして彼は私に言った、 “祈り、あなた?” そして、もう1人の生徒が、英語で私に答えました。私が持っていた感動的な回答に対応する不自然な自発的翻訳でした。「あなたはあなたがやっていることは舞踏です。 あなたの心のセンス、そしてそれだけです。 「中島夏については、彼女はまだ主題について疑問を持っていると答えているが、実際には、決して縛られることはない。仕事のルール、落ちないエラー、 自我…

アントニン・アルトーの不条理の舞踏と舞台との間には、多くの平行したものがあります。自我と脱人間化はありません。

私は主題について書いていきますが、私はより多くの視点を共有する必要があります。私のビジョンは毎日変化し、進化しています。 さらに、そのテーマに関する多くの非常に詳細な作品がすでに存在しています。 私の目標は、これらの作品を取り上げるのではなく、私の研究とダンサーの舞踏の経験を分かち合い、クリシェから世界のイメージを一般の人に伝えることです。

 

 

 


即興のパフォーマンス。 Lyre:松村なおし

6:10、舞踏:Sekaiとレイヤ。仏教寺院の八王子で。